債務整理をしたことを誰にも知られたくない

何年もの間、借金の返済に追われ続けていました。利息がつくため元金はなかなか減らず、毎月の返済もきつくなるためまた借金をするという繰り返し。そんなことを繰り返しているうちにとうとう生活すら怪しくなり、債務整理をお願いすることにしました。

かごしまフェリア法律相談所「離婚について考える その6「財産分与について」」 | 鹿児島の生活情報 | 373news.com

これから先の利息分がなくなり、残りの借金は毎月ひとまとめにして支払っていくので、今までの苦労はなんだったのかというくらい生活が楽になりました。弁護士費用を払う必要はありますけど、毎月複数の会社に数万ずつ支払いをして、ましてや利息も払っていくなんていう状態より数倍マシです。数年間クレジットカードの審査が通らなくなるとか、車などのローンを組めなくなるといったデメリットはありますが、借金がなくなるための一歩として捉えました。

債務整理 郡山

自分の生活は楽になり、今まで友人と飲みに行ったりすることもできなかったのに、それができるようになりました。

自己破産でお困りなら  法テラス|法律を知る  相談窓口を知る  道しるべ

ただ、債務整理をしたことを誰にも知られたくありません。最近金に余裕ができたということは話しますが、どうして突然余裕ができたのかを話すのはお断りです。債務整理したということは、首が回らなくなるほどの借金をしてしまったということです。友人や家族にそんなこと知られたら、たまったものじゃありません。借金だけならまだしも、それを弁護士に整理してもらっただなんて。そういう事情に詳しくない人からしたら、自己破産も債務整理も変わらないでしょうし、何を言われどんな目で見られるかわかりません。このことは、誰にも言わず僕だけの秘密にして生きていきます。